ハヤブサのはねやすめ

T.M.C公式ブログ

LoL Report Patch8.23 ついにプレシーズンがスタート!! Newメタを探せ!

こんにちは、約2年ぶりに記事を書いています。


これまでAVAのことを記事にしていましたが、更新のストップとともにAVAからは離れてしまいました。
その後、LoL,PUBGなどをプレイしていましたがブログを更新するほどのモチベーションがなく、ブログ更新から離れてしまっていました。
しかし、とある方のツイートを目にして私なんかでよければと思い、今回記事を書いています。


さて、LoLのSeason8が終わりSeason9に向けてのプレシーズンが始まりました。
プレシーズンではSeason8終盤でできなかった大きな調整や、仕様の変更などが主となっています。
今までになかった戦略や超絶OPなチャンピオンが突如として現れたりなど、大きな変化が生まれる時期です。
プレシーズン中はメタの変化が激しくこの時期にはプレイしない方も多いですが、このカオスな状況を楽しむのも良いと思います。
それでは、パッチノートの内容について触れていきます。


エイトロックス
R-ワールドエンダー
効果時間:12秒 ⇒ 10秒
復活時の体力回復量:「ブラッドウェル」1%ごとに最大体力の0.5% ⇒「ブラッドウェル」80%までは「ブラッドウェル」1%ごとに最大体力の0.5%、「ブラッドウェル」80%以上は最大体力の50%(80%に到達するとリソースゲージが赤くなります)


エイトロックスが簡単にタワーダイブできる、集団戦での生存能力の高さをサポートしていたUltをナーフ

タワーの変更とともにタワーダイブがしづらくなりました。

しかし、レーン戦でのダメージとサステインの高さは変わらないのでTierは高いです。


エズリアル
W-エッセンスフラックス
基本ダメージ:75/125/175/225/275 ⇒ 80/135/190/245/300
反映率:スキルレベルにかかわらず魔力×0.7 ⇒ 魔力×0.7/0.75/0.8/0.85/0.9

R-トゥルーショットバラージ
削除 ダメージ減衰:敵に命中するごとにダメージが10%低下(最大70%低下)することはなくなりました
NEW:ミニオンとエピックでないモンスターへのダメージが50%低下するようになりました


WのリワークによってAPビルドがしづらくなっていたところを補填した調整

かわりにウェーブクリアに使った時のUltのダメージを減少させ、チャンピオンに対しての減衰ダメージが削除されました。

これまでよりも集団戦やタワーシージでのダメージが増えたのでバフの調整となっていますね。


リサンドラ
基本ステータス
Lv1での増加攻撃速度:Lv1で5%の増加攻撃速度を獲得するようになりました
レベルアップごとのマナ自動回復増加量:0.4 ⇒ 0.8

通常攻撃
モーション:発射体とよりタイミングが合うよう調整
発射体速度:2000 ⇒ 2200

固有スキル - アイスボーンへの服従
アイスボーンへの服従:リサンドラの近くで倒された敵チャンピオンは「氷の奴隷」になる。「氷の奴隷」は生存している敵を追いかけ、近くにいる敵の移動速度を低下させる。数秒後、「氷の奴隷」は極度の寒さに砕け散り、一定の範囲に魔法ダメージを与える。
奴隷の持続時間:「氷の奴隷」は敵を4秒間追いかけてから爆発します
基本ダメージ:120~520(チャンピオンレベル1~18)
ダメージ反映率:魔力×0.3
スロウ効果:25%
削除 アイスボーン:以前の固有スキル「アイスボーン」は削除されました

Q-アイスシャード
マナコスト:スキルレベルにかかわらず75マナ ⇒ 60/63/66/69/72マナ

W-リング・オブ・フロスト
コスト:50マナ ⇒ 40マナ
基本ダメージ:70/110/150/190/230 ⇒ 70/100/130/160/190
ダメージ反映率:魔力×0.4 ⇒ 0.3

E-グラシアルパス
氷爪の速度:850 ⇒ 最初は1200で640まで徐々に減速(最大距離に到達するまでの時間は1.25秒から変わらず)

R-フローズングレイブ
ダメージ反映率:魔力×0.7 ⇒ 魔力×0.6


パッシブの変更によるリワークに近い調整

これまでのパッシブはマナ消費せずにスキルが使えるものでしたが、効果が実感できずパッシブはないもと同じ状態でした。

これを敵チャンピオンを倒したときに氷ができ数秒後に爆発するものに変わりました。

集団戦でキルが起きたときに次々と相手を巻き込む範囲ダメージを出すのでとても良い変更だと思います。

そのほかの調整は、パッシブがダメージの出るものになったので他のスキルを少しナーフしバランスをとる調整と使用感をよくするものです。


タリヤ
Q-スレッドボレー
クールダウン:11/9/7/5/3秒 ⇒ 7/6/5/4/3秒
マナコスト:60/70/80/90/100マナ ⇒ 50/60/70/80/90マナ
2発目以降のダメージ低下:敵チャンピオンのみ ⇒ 対象を問わず。2発目以降の石片が与えるダメージは50%低下
「加工された地面」の持続時間:120秒 ⇒ 45秒
削除 連作障害:「加工された地面」の持続時間はクールダウン短縮の影響を受けなくなりました


S8開始直後にスキルが調整されJGで猛威を振るうこととなったタリヤでしたが今回の調整でJG運用はしづらくなり、レーンへ戻そうという意図が見えます。

視界のないところからUltでガンクを簡単に決めれるのをRiotは良しとしなかったようです。

しかし、レーンでもチャンピオンに対してのダメージは低下したままで、さらにミニオンへのダメージも低下してしまったので得意のウェーブクリアが遅くなってしまいました。

早くウェーブクリアするにはスキルを回す必要があり、序盤はマナ不足になりそうです。


ヨリック
バグ修正:「ミストウォーカー」や「霧の乙女」が敵チャンピオンにダメージを与えた場合、ミニオンとタワーがヨリックを攻撃対象にするようになりました


調整という名の超絶ナーフです。

ヨリックの主としていた、タワー下での1v1でのハラスからのタワー折がかなりつらいです。

アイテムがそろうまでの序盤とガンクに弱いヨリックはいかにタワーを折れるかが重要でしたが、この調整によってヨリックの戦い方を変える必要がありますね。

Tierも使用率も高くないのにナーフされてしまうのは、よく使っている人にとって本当につらいです。

なにか補填できるものはなかったのでしょうか。



さて、プレシーズンのパッチノートは膨大な量なので今回はチャンピオンの調整のみで終わりたいと思います。

次回はアイテム、ルーン、サモナースペルの変更について記事にしたいと思います。

久しぶりに記事を書いたので誤字脱字や読みづらいところがあると思いますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

HOT MAP 変更の投票が開催中

こんにちは( ノ゚Д゚)


現在AVAでは国際大会で使われるMAPを決める投票が行われています。


これは今後のHOT MAPになる可能性があるので大会に出ていない方にもかかわる投票です。


井上Pが中間発表をしていましたが、


INDIAが得票率NO.1で 21%


ついでCANNONが13%


その他は
DUAL SIGHT 10% 
ASLAN 9% 
SUPPLY 8% 
AIRPLANE 8%
FOX HUNTING6% 
HAMMER BLOW4% 
HELLHOUND V2.04%
BLACK SCENT4% 
FACTORY4% 
RADAR3% 
STACCATO3%
SLIM FOX2%


となっています。


大会で使われるマップは7マップとなっていて


新マップの STONE TEMPLE は確定ではいるので


投票が行われているマップの中から6マップ選ばれることになります。


投票はまだ続いているので投票していない方は忘れないように投票しましょう。

AVA 国際大会MAP 投票ページ




CANNONはなくなってほしいですね。


激しい撃ち合いをするのもたまには楽しいですが、


クランによって戦略に違いが見られるマップのほうが


プレイしていても見ていても好きです。


僕は


DUAL SIGHT
FOX HUNTING
INDIA
AIRPLANE
ASLAN
RADAR


が使われるようになってほしいですね。


というかたまに入れ替えるんじゃなくて


定期的にマップ変えてくれたほうが僕は面白いと思うんですよ。


マップ数も5か6にすれば研究もしやすいでしょうし、


同じマップばかり続いていくのも飽きがきてしまうので


定期的なマップ入れ替えを実施してくれるといいと思います。

最近のAVA事情

お久しぶりです。( ノ゚Д゚)


そろそろ更新したいと思い書かせてもらいます。


さて、タイトルどうり最近のAVA事情について


最近というか少し前の話ですが、


DeToNatorのAVA部門が再編され、新たにOverwatchへと移行するというニュース


今まで日本のAVAを支え続けていたDeToNatorの爆破メンバーがOverwatchに挑戦すると


これはかなり衝撃が大きかったと思います。


いまさら新しいことに挑戦しなくても(年齢的に)と思いましたが、


サービス開始直後から大きなコミュニティへと発展して行ったので


プロチームとしては当然のことだと思います。


僕はOverwatchへ移行していくのは悪いことではないと思いますし、


今後を考えると10年前のFPSよりは新作に流れていくのは


時代の流れ出し仕方のないことです。


そして、昨日だったかな?


台湾のAVAプロチーム、現在世界一のチームであったAHQのAVAチームも


Overwatchへと移行すると発表がありました。


このニュースを見て、ああ世界のプロもOverwatchに期待しているのだなと思いました。


AHQだけでなく世界中のたくさんのチームがOverwatchのチームを作っています。


RSTの参加クラン数もかなり減ってしまいました。


僕はAVAほどOverwatchは、やらないと思います。


AVAはこれからもやると思いますがそろそろ見極めの時期かなと思ってます。


それでは、今回はこの辺で。(´∀`*)ノシ

ユーロ武器たちが強い

こんばんは


最近実装されたユーロ武器がとても強いです。


PMはこれまでX95Rが主流でしたが取って代わり、MP7が連射力と安定性で近距離での強さで主流になりました。


先日のアップデートでVereskが実装されたので、近距離での火力と壁抜きのできる武器ということで


武器の選択に幅が出ました。


RMは課金武器のAK LionとProto SSRが主流なのは変わりませんが、


選択肢としてDiemacoとG36が加わりましたね。


ユーロ武器限定の大会が開催されるのであればこの2つの武器が選ばれるでしょう。


SRはM19が頭一つ出ているのは変わりませんが、ユーロ武器にも選択肢としてM40が加わりました。


ユーロ武器としては十分な一撃率を持っていて、台湾の大会ではDeToNatorの釈迦選手が使用したことで話題になりました。


韓国開発ではこれからもユーロ武器のリメイクをしていくと発表していたので、


これからのアップデートが楽しみです。


今日はここまで


ここまで呼んでいただきありがとうございました。


(続きには僕の思いを書きました。)

やっぱり勝ちたい…

こんばんは


RSTも終わったので、クランマッチをしてAVAを終える日々が続いています。


たまに惰性に感じるこの期間でもやっぱり勝ち続けれるようにがんばっています。


勝ち続けるのは大変ですがクラメンみんな強くなってるのでそれに追いつけるように


そして自分がエースを取れるように日々がんばろうと思ってやってます。


最近はこまめにフラグシーンを切り取って短い動画にしています。


近々ダイジェストとしていくつか上げていきたいなと思ってます。


では今日はこの辺で(´∀`*)ノシ バイバイ



AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

本日のアクセス数

Profile

はやぶさ.hr

Author:はやぶさ.hr
ニコニコ動画で活動中のT.M.C公式ブログ
T.M.Cの最新情報が見れます。
私のひとりごともたまに

投票お願いします

NewArticle

NewComment

Category

未分類 (0)
プロフィール (1)
ゲーム (3)
AVA (30)
デバイス (1)
クラン (4)
日記 (16)
AVAトッププレイヤーに聞いた! (7)
T.M.C (4)
レビュー (6)
LoL (1)

Link

このブログをリンクに追加する

Twitter

Monthly Archives

FC2Ad

Template by たけやん